野良猫の隠れ家

ガジェット系や私の興味のあることを記事にしていくブログです!

【かりぐらし恋愛】 感想・レビュー

f:id:stlaycat2:20180427183510p:plain



どうもstlaycatです。

 

春→夏になろうとしている今日この頃いかがお過ごしか。季節の変わり目というのは体調を崩しやすいのでくれぐれもお気をつけください。

 

今回はASaProjectから発売されたかりぐらし恋愛をプレイしてみました。

www.asa-pro.com

 

といってもサブヒロインをクリアしてないのでクリア次第更新したいと思います。

 

個人的には結構ボリュームがあってほんの一瞬ダレる感じがありましたね。といっても内容はなかなか面白い感じに仕上がっていたと思います。

 

今回も各ヒロインルートごとに感想を書かせていただきます。

少しだけネタバレありますのでお気をつけください

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

誰も死なないし、誰もやばい秘密を持っていません、事故にも遭いません、主人公を取り合ってめちゃくちゃ険悪なムードになることもありません、ヒロイン同士が殺し合いません。実はヒロインは幽霊で存在していなかったとか、そんなこともありません。ただただ主人公がヒロインの家に居候して恋愛をしていくストーリーです。かりぐらしのタクマッティです。

あと、各ヒロインの表情が豊かで面白かったですね。理兎とひよりの二人だけだけど笑

理兎の怒りに震えてる表情とひよりのアホ顔を最初みたとき馬鹿笑いしました。

私、こんなゲーム大好きです。

 

 

理兎ルート

 

f:id:stlaycat2:20180427161457p:plain

最初は主人公を嫌っていたのに主人公が居候した途端に態度が変わる様がみてて面白かったです。特に手を握らないと落ち着かない感じとかやばい(語彙力)

 

他のルートに比べて、THE・幼馴染感がすごかった印象がありますね。他のルートの個性が強すぎたせいでそう感じただけかもしれませんが....

 

主人公が鈍感系主人公ではないので、ヒロインのしたいことの意図を汲み取れるのはなかなか他のエロゲにはない感じかな。わかった上でヒロインを焦らすシーンなども特に理兎ルートでは多かった印象です。

 

このルートとは直接関係はないですがこのルートとは他のルートでこのキャラがブレブレなところがすごく面白かった印象があります。そもそも共通ルートの最初の方では主人公を嫌っていたはずなのに途中から主人公大好きオーラが出まくってましたしね笑。

 

杏、ひよりルートでは早く別れろ感(嫉妬)がすごくてやってて面白かったです。特にひよりルートでは、親友ということもあってかなり辛辣だったかな笑

 

絢花ルートでは絢花のお姉ちゃんになってました。うまーく絢花に丸め込まれてましたね笑。

 

 

 

杏ルート

 

f:id:stlaycat2:20180427161520p:plain

幼馴染の中でもお姉ちゃん枠のキャラクターですね。部屋は汚部屋で炊事も全くしない(できない?)というキャラクターです。

 

共通ルートはダラダラしていたので、個別ルートに入ったら少しは変わるかなと思ったら全然変わらない笑。あまりの変わらなさに一瞬イラッときました笑。しかし、こやつはこういうやつなんだと思うと不思議といいのでは?と思ってましたね。

 

こんなお姉ちゃんなら養いたい!というかんじですね。

 

 

f:id:stlaycat2:20180427162922p:plain

個人的には「たっく〜ん」が結構ツボだったりする。別に私はたっくんと呼ばれる名前ではないのですが...

 

最終的に、最初から最後までなーんにも変わらないキャラでしたね笑。ここまで変わらないキャラだと逆に珍しいのかな...いや、最後の最後だけ少し成長した姿が描かれていましたね。

 

 

ひよりルート

f:id:stlaycat2:20180427161542p:plain

個人的にはこのキャラが結構好きです。

「幼馴染=気軽な関係」とするならば、このキャラクターに勝てるキャラはいないでしょう。ヒロインとして良いのか悪いのかどうかはわかりませんが...

 

 

f:id:stlaycat2:20180427172248j:plain

このルートでは特に主人公が彼女を彼女と思わない感じがすごかった笑。というか、このキャラ自体がぞんざいな扱われ方なんだけど笑。けど物語を進めていくとだんだん仲が深まっていく感じも好きです。

 

ひよりが彼女になった後も主人公は居候を続けるんだけど、彼女になった途端「ついていく!」といって一緒にほかの家に居候をし出すから面白い。しかも、初Hが絢花(別ヒロイン)の部屋というアブノーマルな感じが面白かった。

 

特に好きなシーンはココ!

f:id:stlaycat2:20180427172704j:plain

この後みよりさんが来てツッコミをいれるという珍しいパターンだったんです。

 

ちなみに他のヒロインに貧乳っていじられてるけど、そこまで貧乳じゃなくね?って思ったのは私だけでしょうか?他のヒロインが結構あるせいかもしれないかもだけど

 

このルートで切っても切り離せないのがみよりさん(ひよりの母)ですね。なぜいつもハイテンションになったのかが最後に少しだけ描かれていますね。良いかあちゃんやん。一瞬「ウザッ」ってなってごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

.....みよりルートまだですか?

 

 

絢花ルート

 

f:id:stlaycat2:20180427162155p:plain

幼馴染かつ妹的存在でむっつりな絢花さん。

作中唯一の兄弟がいる家庭ですね。彼女になった後もみんなに隠しておきたいということで居候を続けていましたね。

そして重要なのは最後までお兄ちゃん呼びであったことですね。なんだかんだ関係が変わっても変わらない呼び方に好印象です。まあ主人公が言わせてたんだけどね(笑)個人的には「拓真さん」も結構好きです。

 

 

加えて、唯一のオナニー枠として頑張っていましたね。そしてそれが発覚した後の言葉がこれです(笑)

f:id:stlaycat2:20180427181432p:plain

なに?オナニーがばれたらこれを言う決まりなの?サノバの〇地さんもこんなこと言ってたよね(笑)

 

そしてエロいのです。むっつりなだけに色々エロいのです。絢花のHシーンは必見です。

 

 

 

最後に

最初に言った通り、誰も死なないし、誰もやばい秘密を持っていないません、事故にも遭いません、主人公を取り合ってめちゃくちゃ険悪なムードになることもありません、ヒロイン同士が殺し合いません。実はヒロインは幽霊で存在していなかったとか、そんなこともありません。ただただ主人公がヒロインの家に居候して恋愛をしていくストーリーです。

 

そんなエロゲが好きな人にお勧めです。あとサブヒロインを攻略した後に更新をしますので!

 

まあ、強いて言うならずっとおんなじパターンで抑揚がないシナリオだ。と感じて、それが退屈って人もいるかもしれません。

 

でも私はそれが大好きです。個人的にはワガママハイスペックに似ているかなーなんとなく。ワガハイも好きならこの作品も好きであると思います。

www.stlaycat.com

 

www.stlaycat.com

 

今日はこんなところで!

 

ではでは!